適度な伸縮性とさらっとした感じを持つことができる天竺生地

子供服にも出てくる天竺生地

生地の名前というと、あまりなじみがないかもしれません。
しかし、子供服という重要なものを考える場合、知らなかったでは済まされません。
どんなものがいいのかを考え、選んであげなければいけないのです。
聞きなじみのない生地として、天竺があるでしょう。
西遊記で三蔵法師出も出てくるのかと思われるかもしれませんが、とても重要な生地なのです。

トレーナーやパーカーにも使われる

そもそも天竺とはどんな生地なのかといえば、セーターだけでなくトレーナーやパーカーにも使われる素材です。
もともと、インドから輸入されていた生地だったことから天竺と呼ばれるようになったといわれています。
天竺素材は、別名をメリヤス編みとも呼ばれますが、ニット生地の一つです。
その特徴は、なんといっても横へ伸縮する力が大きいことでしょう。
お店で販売されているTシャツやセーターなどの多くは、この天竺生地を使っていることからもわかる通り、肌に近い位置としては着やすい素材になるといえるでしょう。
厚手の生地にすることもできることから、シーツなどに使うこともできるのです。
サラッとした肌触りというのも、天竺生地の特徴といえます。
天竺生地に綿とポリエステルを使ったものを選ぶと、汗を吸い取ってくれる綿の吸湿性を得ながら、乾きやすいポリエステルの特性を生かして洗濯しやすい子供服を作ることができるようになるのです。

ただし、フライス生地と比べると、そこまで伸びません。
生地にも厚みが出てくるため、違いを考えて選ばないといけないのです。
その代り、子供服としてもTシャツ感覚にすることができるのは天竺生地のほうといえます。

暑い時期のパジャマにも

天竺生地を見てみると、表と裏で違いがあることに気がつくことでしょう。
これが天竺生地の特徴であって、風合いに違いがあるのです。
安定性が高い生地で、別名ジャージと呼べばだれでも想像がつくようになります。
斜行しやすいデメリットもあり、切りっぱなしにするとめくれてしまうようなこともでてくるのです。

子供服として考えた場合、夏場に選んでみるのもいいでしょう。
さらっとした涼しさを感じることができます。
下着としても丈夫なものになりますので、ある程度長く使えることもできるのです。
暖かい時期には、パジャマの素材として考えると、過ごしやすくなります。

素材によって、子供たちが感じることも異なるでしょう。
大人が選んであげなければ意味がありませんので、その辺りを見極められるようにすることも大切です。

子供服の通販・買取りのサーカス
http://www.circus-circus.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *