子供服に最適なオーガニックコットンを使ったフライス生地

子供服にも向いているフライス生地

子供服にも使われる素材はいろいろとあります。
特に暑い季節になると、素材を気にしておかなければ、子供たちがかぶれたり暑い思いをすることになるでしょう。
ですが、汎用性のない子供服も無駄ではないかと思ってしまいます。
そこで、季節を問わずオールシーズンで使えるのがフライス生地です。
素材によってはオーガニックコットンで作られたフライス生地もありますので、選び方次第で子供たちの負担を下げることができます。

フライス生地の持つ特性

オーガニックコットンのフライス生地はとても魅力的です。
子供服に使うのであれば、とてもいい生地であることは間違いありません。
フライスとはなにかといえば、ゴム編みといわれる生地の編み方です。
ゴムのように横に伸びたり縮んだりする特性を持っているのが特徴といえるでしょう。
フライスと呼ばずにリブ編みとも呼んでいることもあります。
編み方による伸縮性に優れているのがフライスの最大の特徴で、他の生地にはないほど大きな特性を持っているのです。。
編み込んで作っていくため、若干厚みが出ます。
手触りが柔らかくできあがる、カットソーやTシャツなどによく使われていて、普段使いにちょうどいい生地です。

フライスをよく見てみると、表から見た編み目と裏から見た編み目は同じになります。
たて綿が強いため、横方向に伸び縮みしますが、まくれが無く扱いやすい点も子供服向きでしょう。
程よい厚みの生地にしやすく、季節をあまり気にせず使えます。
吸湿性、通気性ということを考えても使いやすいため、素材としてはオールマイティなのです。

オーガニックコットンは産地まで

細い糸で編むこともできるフライスは、やさしい肌触りすることができるため、赤ちゃんの肌着に使われることが多い生地ともいえるでしょう。
伸縮性もあるため、ストレスになったりしにくいのです。
活発な赤ちゃんにとっても苦しんだりすることなく、着替えも楽にできます。
無農薬有機栽培綿のオーガニックコットンを使うことで、敏感肌やアトピーといったアレルギーでお困りの場合でも、安心して使うことができるのです。

オーガニックコットンのフライスの場合。毎日安心して使うことができるでしょう。
快適な毎日を考えるのであれば、最適の素材といえるのです。
子供服として考えた場合、体の負担だけではなく、心地よさを与えてくれるようになります。
ただ、オーガニックコットンなら何でもいいというわけではなく、農法からこだわったものを考えるのも必要です。
ここまで考えなければ意味のないものですので、産地や育て方まで考え選ぶといいでしょう。

子供服の通販・買取りのサーカス
http://www.circus-circus.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *