NGがあることも知らなければいけない!保育園に着させていく子供服

保育園のNG服とは

子供服の中でも、保育園に着せていく服というのは、かなり頭を悩ませるところでしょう。
保育園ファッションともいうべき部分ですが、何でもいいというわけではありません。
いうなればNG服とされている服があることを知らなければいけないのです。
それはなぜかといえば、危険だからということになるでしょう。
ファッションだから、かわいいからというだけで選ぶと、大失敗してしまうことになるのです。
子供たちのことを考え、子供服は選んでいかなければいけません。

子供服は危険性のないものを

保育園によっても禁止事項は違いがあります。
たとえ許可されていても、こうした服は避けてあげることが子供たちのためになるということも知っておいたほうがいいでしょう。

まず、絶対にやってはいけないのがフード付きのトップスやアウターです。
海外では禁止になっているもので、当たり前のように着せません。
フード付きの服は、遊具にひっかかると首を絞めてしまうことになります。
安全上の理由によって、ほとんどの保育園では禁止事項とされているのです。
紐が出ている服は、どんな理由をつけても禁止ということを考えましょう。
これを着せるのは、ただの親のエゴです。

保育士の負担を増やす服はNG

ボタンで留めるような服は、見た目にはかわいいかもしれません。
ですが、子供たちが自分でできないのであればNGといっていいでしょう。
もしも、外れてしまって口に入れれば、大事故のもとです。

面倒をかけるということでは、ジッパー型もNGでしょう。
できそうでできず、保育士の手間を増やします。

女の子の場合には、スカートも禁止しているところが増えました。
汚れますし、足を怪我しやすくなるため、動きやすい服装を考えてあげましょう。
かわいいからといって怪我をしてしまえば、子供たちがかわいそうです。
昔はよく見かけましたが、滑りやすいタイツも禁止と考えたほうがいいでしょう。

トイレということを考え、サロペットやつなぎは大変です。
汚してしまうかもしれません。
脱ぎ着をさせにくいという点では、非常に問題も多くあります。
レッグウォーマーのようなものも、面倒をかけることになるでしょう。
何せ2度手間をかけることになります。

保育園にいるのは、自分の子供だけではありません。
多くの子供たちがいますし、保育士の数も限られています。
自分勝手な解釈で考えるのではなく、集団生活のスタートだということを考えると、子供たちに掛ける負担も減らすことができるのです。

子供服の通販・買取りのサーカス
http://www.circus-circus.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *